家づくりマップ

そろそろ家を建てたいけれど、まずは何からやればいいの?
一緒に流れを確認してみましょう!

スタート

  • 計画をたてる

    一生に一度の家作り。どんな家が理想か、まずは家族みんなで考えていくのがオススメ。カウンターでは、具体的なステップの詳しいアドバイスをしています

  • 資金の計画

    適切な住宅ローンを選ぶのが大切です。お客様一人一人の状況にあったライフプランが、無理のない返済のコツ。第三者の立場からFP診断する無料サービスも提供しています

  • 情報を集める

    書籍や口コミなど、できるだけ多くの情報を集めたうえでじっくり検討するのがポイント。強みやメリット、イメージではなく、工法や材料・メンテナンスの有無など、長期的に考えておくのが良い家作りのコツ。

  • 土地を探そう

    どんな家を建てたいかイメージしながら、土地の環境についても希望を具体的にリストアップ。大まかな家の大きさも考えておきましょう。周囲の環境やアクセス面以外にも、暮らしやすさ・健康面との関連も考えておくと後々も満足。

  • 工務店えらび

    理想のイメージをもとに、条件に合いそうな業者にあたってみましょう。デザインや間取り、工法、使う材料やメンテナンスなどの条件を各社ごとに比べられるよう、表を作ってみるのもオススメです。宿泊ができるモデルハウスには実際に泊まってみることも大切。

  • 見積もりをとる

    家族それぞれの希望や暮らし方をもとに、部屋の大きさや向きについて考えていきましょう。まとまったイメージ、予算・条件から、間取りを作成してもらい、希望に近いものを選んで実際の見積もりをとります。この時に、家の価格だけではなく、後々メンテナンス費用がどれくらいかかるかも検討しておくのがカギ。

  • 内容をcheck

    見積もりの内容をよく見ながら、中に何が含まれているかを一つ一つ確認。中には、オプションが多い業者や、後々手直しが多い場合もあるので要注意。施工業者を選んだら、手付金の支払いと設計プランの作成に進みます。家族も含め希望に沿っているかをしっかり考えましょう。

  • 着工

    工事がスタート。職人さんの邪魔をしないようにしながら、現場を確認しに行くことも大切。工事の進み具合を常に把握しておくため、思わぬトラブルや、工期が遅れる場合は、すぐに連絡してもらうよう担当者にもお願いしましょう。

  • 上棟

    家の棟が上がった段階。無事に家が建つよう安全祈願をすることもあります。昔の家作りは、手作業で長い期間をかけて行われたことから、節目を祝うようになったと言われています。

  • 中間検査

    家の構造体を調べる検査。第三者機関による無料の検査サービスを提供しているので安心です。

  • 内装

    検査が終わったあとは、壁紙や内装など仕上げを行います。

  • 施工チェック

    工事が完了したあと、仕様書通りに仕上がっているかを確認。
    窓枠や棚の位置など、細かいところもしっかりチェックを。

  • 引き渡し

    無事にチェックが終了した後は、晴れて引き渡しの日。担当者から各種書類やカギを受け取り、登記も行われます。家の状態や仕上がりに問題が無いことを再確認しておくことがポイントです。