コラム

理想の家づくりは誰が教えてくれるのか

家づくりは大きな決断の連続です。

 

土地探し、

住宅ローン、

間取りプラン、

建築会社の決定。

 

その選択のプロセスでさまざまな人と会います。

 

不動産の営業マン、

住宅会社のスタッフ、

金融機関の担当者、

友人、知人、親・・・。

 

では、この中で誰があなたの家づくりの決断を助けてくれるでしょうか。

 

正しい決断をするには、土地、お金、間取りプラン、会社選びそれぞれについて

正しい情報を知っておく必要があります。

 

実は、上記に登場する人たちに決断をゆだねるのではなく、

自分自身で決断をすることが、家づくりにおいて

最も重要になってくるのです。

 

 

「この立地はめったに出ないから、早く押さえないと売れちゃいますよ」

「この年収であれば、もっと借入できますし、光熱費が安くつくから大丈夫ですよ」

と言われて、心が動かされるのではなく、

 

なぜ、その場所にするのか、なぜ、家を建てるのか、

いくらの返済であればムリなく、楽しく過ごせる返済計画なのか。

 

これら一つひとつ、自分軸を持つことが重要なのです。

 

そのためには、勉強が必要です。

 

一人で本を読んで勉強したり、ネットを見てかいつまんで情報を得るよりも

 

住もうよの共同勉強会・セミナーに参加して

「共に学ぶ」ことをおすすめします。

 

人と話すことで方針が固まってくることもあると思います。

私たち「住もうよ」のスタッフは、そのお手伝いをさせていただきます。

 

 

おうちセミナーご参加はこちら

1月13日(土)お金の不安を取り除く おうちセミナー  住宅会社の違いと価格がズバリわかる!

 

 

TOPへ戻る